www.parthenonmarblesuk.org

想像できずに突発的に出会うのが自動車の事故です。この場面でどんな処理した結果により、保険料の額も大きく変わってくるケースもあるので考えと対策が求められます。想像も出来ない出来事に冷静さを失ってしまったならば事を逃してしまいこの先大損をする時もありますので交通事故を起こしてしまった場合には冷静に次に述べる判断するようにするとよいでしょう。乗用車の事故を起こしてしまった場合に一番にすべきなのは怪我をした人がいるかどうかの確認です。自動車事故のすぐ後は喪心状態になってしまう場面がありすぐに行動できないのが普通です。ですから、怪我人がいたとしたら安全な地点へ動いて応急手当をして、周囲に助けを求めるなどを行い負傷者優先に努めることが大切です。119番に連絡する場面では適切な位置を連絡し分かりにくい場合には目に留まったデパートや町名を知らせて事故が発生した位置が判断できるようにします。その後警察に知らせて、交通事故が起きた事と状況を告げます。救急車とパトカーの到着を待つ内に負傷者のことを調べます。姓名、住所、電話番号、ナンバープレート、相手側の自動車保険の会社名など自分だけでなく相手の内容を教えあいます。この時に相手に過失があったような場合には、その場所でやり取りしようとする場面がありますが即刻片付けるのではなくどんな風な状態であっても警察署や保険屋さんに知らせて確認してもらいます。関係者の身元をやり取りしたら他の交通のさまたげにならないために妨げになる物道路の上から取り除きます。もし障害物が他人の自動車の障害物になっている状態では情報を交換するより先にその対応を完了させても問題ありません。その次にあなたの入っている保険会社に連絡を入れて自動車での事故が起こった事を告げます。車の事故から一定時間の間に車の保険会社に報告していないと保険の適用外に状況もありえますのですぐに電話を入れることが必要です。交通事故の証拠として、携帯のカメラ等を用いて現場や乗用車の破損状態が分かる写真をを撮っておきます。その写真は過失の割合決める時にかなり大きな役割となりますので、自らの乗用車や相手のクルマの壊れた箇所をしっかりと証拠写真として残しておくことが重要です。その時に目撃者がいれば警官や保険会社の人が着くまで事故の現場に待ってもらえるように頼むのも大切です。
Copyright © 1999 www.parthenonmarblesuk.org All Rights Reserved.