www.parthenonmarblesuk.org

交通事故は己だけの事故と他人が巻き添えになった自動車での事故が存在します。自損事故の状況では自分が事故処理をするだけで完了しますが自分以外を巻き込んだ事故はどちらにどれくらいミスがあったのかを分析し、この結果によって修理のお金や示談のお金かいくらのかなどが決定されますので自動車保険会社の担当者と一緒の相談が必要不可欠です。大概の自動車の事故の際お互いに多少なりとも間違いがある状況が多く片方だけの落ち度を追及する状態はほとんどありません。言うまでも無く信号を無視してしまったり一時停止しなかったなどの交通違反によって起きた事故はかなり大きな責任がありますが、被害を受けた人であっても手落ちがあると言われます。自動車事故の時には誰の手落ちで発生したのかという結論がかなり重要になってくるのでこれを数字で表したものが過失割合になります。例をあげるなら、先ほど述べた赤信号で進んでしまった、一時停止を無視した状況なら法のルール上事故を起こした側にすべてのミスがあると考えがちですがこの状況で事故を起こした自動車が前の方からこちらに向かってきていて目で確認された場面だとすると事故の被害者でも注意が足りないとされ10%ぐらいの責任が認められる可能性は0ではありません。言うならばその条件では事故を起こした側が9割、事故に巻き込まれた側が1割過失の割合となって数値が大きいとそれなりの責任が問われたりします。この過失の割合それ以前の判例を参考にして決められるケースが大半で日弁連の交通事故相談センターから公にされている基準等が参考として利用されています。この過失割合で、割り当てが高いほど過失つまり賠償金も大きくなると判断されるので事故に関する話し合いは事故に関わった人だけでなく車の保険の係りの方に加わってもらってちゃんと相談する事が不可欠です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.parthenonmarblesuk.org All Rights Reserved.