www.parthenonmarblesuk.org

クルマを売却する場合、所有車の買い取りの時もどちらも印鑑証明がなければなりません。それではこの印鑑証明について説明していきます。印鑑証明という書類はある印鑑に対して、それが実印として効力を持つということを保証するための書類です。この印鑑証明がないとその印鑑について実印として効力を持つかどうかが保証できません。高額な商談になる車の売買のためどうしても実印が要ることになりますが、その時に印鑑証明というものが要るのです。印鑑証明書を発行するには発行前に印鑑証明することが必要です。書類に登録する印鑑は実印といいこの世に一つだけの印でなくてはなりません。この実印を準備して、最寄の市町村役場の担当部署に行けばすぐに印鑑登録できます。印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードなるものがもらえて印鑑登録手続きをした印鑑は実印ということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうためには市町村役場の窓口へ行き専用の書類に必要項目を埋めて、印鑑登録カードを持って行く必要があります。さらに自動交付機でも交付する事が可能です。印鑑証明には有効期限などはありません。そのため、いつの印鑑証明だとしてもその効力は半永久的に持続するということになります。しかし車買取の時は必要になるのは三ヶ月以内に交付されたものである必要があります。ほとんどの場合期限を定める必要はないですが、車の買取時には買取先が期限を決めているので仮に自動車の売却を検討しているならあらかじめ手元に置いておくことが必要です。
Copyright © 1999 www.parthenonmarblesuk.org All Rights Reserved.