www.parthenonmarblesuk.org

クルマを持つ人でしたら承知しているものですが自動車税を支払う義務があります。そして自動車税は車の買い取り時に当たり前に還ってくるお金なのです。このような事は実際にやってみると直ぐに理解できますが一から順を追って出来るだけわかりやすく説明することにしましょう。当たり前ですが注意書きすれば日本のメーカーの車のみが対象ではなくドイツ車も自動車税が還付されることになってきます。当然ですが中古車についてもそうですね。自動車税という税金は車の所有者が支払い義務を負う税金で、これは自動車の排気量の大きさで決定されます。1リッター以下のであれば29500円で1リッターから1.5リッター以下までなら34500円です。これ以降は500ccずつ5000円が乗ってきます。自動車税は4月1日時点の所有者が以後一年分の税金を納める事になっています。つまり事前納付ということですから、勿論愛車を買取してもらって、所有権を失った時などは前払いした分の税は返還されるんですね。この税の場合は前払いで以後一年分の金額を納付するので一年以内に車を買い取ってもらった際は新しい所有者がお金の納付義務を負うということになります。買い取った相手が買取専門業者なら、売却時にあなたが前払いしている分の税額を返還してくれます。つまり、所有者でなくなった日からの税額は権利が移った所有者が納付義務を負います。もしあなたが10月のうちに愛車を売却したなら11月以降次の年の3月いっぱいまでの税金は返還されます。というのも、前述の通り自動車税は一年分を前払いしているという事実からも明らかです。ということは、売却者は買い取った相手に自動車税を返金してもらうということになります。個人的にクルマを買い取ってもらう場合何気にこうした事実に気づかない人が見受けられるので、しっかり確認をとるようにしましょう。自動車税という税金は自動車を売った際に返ってくるという知識をほとんど知られていないからと言って、そのことを悪用する悪質業者もあるのです。こちらから税金について話を切り出さなければ返金のことについて言わないということもたびたび見られます。そのため愛車の買い取りを依頼する際には自動車税が返金されることを聞くことを怠らないようにする必要があります。
Copyright © 1999 www.parthenonmarblesuk.org All Rights Reserved.